急いでいるなら即日融資キャッシング!

急な出費、親戚や知人の冠婚葬祭が迫っている、高額な医療費を支払うお金がないなど、できるだけ早くお金を工面しなければならないという状況に陥ることがあります。

 

自分の預金からまかなえるのがベストですが、そうもいかない場合もあるでしょう。
そのようなときに、キャッシングを利用することを検討してみると良いかもしれません。

 

キャッシングの利用を不安に思う方は少なくありませんが、正しい使い方を知っていれば、問題になるようなことはありません。むしろ、大きな助けとなります。

 

特に、急いでいるときに便利なのが即日融資です。
申し込んだその日のうちに口座振込やカードを発行してもらい、お金を借りることができます。

 

また、WEB完結や無利息期間といったサービスと併用すればさらに便利になります。
しかし、申込方法によっては平日の14:00までに審査を完了させるなど、融資してもらうための条件を満たす必要があります。

 

キャッシングはどう選んだらいいの?

消費者金融キャッシングは数が多いため、選ぶのも一苦労です。
しかも、キャッシングで失敗しないためには、商品の特徴を調べ、比較することがとても重要です。時間がかかるうえにかなり手間になるので、これらの作業を省略して目についた消費者金融に何も考えずに申し込んでしまう方も少なくありません。

 

しかし、そのような選び方では失敗してしまう可能性が高くなります。
どんなに急いでいても情報収集は必ず行いましょう。

 

消費者金融は自分のニーズにあったものを

人によってキャッシングのニーズはさまざまです。
即日融資を受けられるということ以外にも、誰にも知られずにお金を借りたい、できるだけ返済金額を減らしたい、返済が簡単にできるところがいいといった希望もいくつかあるはずです。

 

しかし、自分が望むすべての要求を満たす消費者金融はありません
そのため、自分のニーズに一番近いサービスを提供しているところを探す必要があります。決める前に自分がどういうことを望んでいるかを具体的に考えてみましょう。

 

そうすれば、どういったところに注目してリサーチすればいいのかが明確になります。

 

誰にも知られずにお金を借りたい

借金していることを知られたくないと思っていても、郵送物や在籍確認のときにバレてしまうのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

 

消費者金融は、郵送物や在籍確認をするときは、それと分からないように配慮してくれるので、簡単にバレてしまうということはありません。

 

それでももっとリスクを下げたいという場合は、申し込むときに電話確認以外の方法で在籍確認をしてもらえるようお願いしてみたり、WEB完結で審査してくれる消費者金融を選ぶと良いでしょう。

 

返済の負担を減らしたい

返済金額を減らしたいのであれば、低金利なキャッシングや、無利息期間サービスを提供しているところを選ぶと良いでしょう。返済金の負担が増える理由は利息です。

 

利息は日割りで計算されていくので、長く利用すればそれだけ利息が増えていきます。また、返済はまず利息が支払われてから元金に充てられるので、利息が多いとそれだけ元金の減りも遅くなります。

 

そういった理由からも、利息をできるだけ発生させないというのは重要な事なのです。

 

おすすめの消費者金融は?

人によってニーズが違うため「絶対にここがいい」ということはできませんが、利用者数や知名度、サービスなどの面から初心者でも利用しやすい消費者金融をいくつかご紹介します。

 

サービスが充実している『プロミス』

消費者金融の中で、最もサービスが充実しているのが『プロミス』です。最高金利は17.8%と他の消費者金融と比べて一番低く設定されているため、どうしても少額になってしまう初回の借り入れでは非常にお得になります。

 

それに加え、メールアドレスとWEB明細利用の登録を行なえば30日間無利息サービスも利用できるので、利息をゼロにすることもできます。プロミスのWEB完結なら申し込み、借り入れ、返済まですべてがインターネット上で行えます。

 

また、WEB完結を選択しても、後でカードを発行してもらうことが可能です。最低返済金額も大手消費者金融の中で一番安く設定できるなど、返済面でも非常に使い勝手の良い消費者金融といえます。

 

デメリットは、最低金利が4.5%とかなり高めなことです。高額融資、特に最高融資限度額で借りたときは不利になってしまいます。しかし、総量規制があるためほとんどの人は最高融資限度額で借りることはないため、あまり気にする必要はないかもしれません。

 

申し込みの手間と不安を軽減した『モビット』

モビットは、電話連絡を行なわず、すべての手続きをインターネット上のやり取りだけで完結させる『WEB完結』というサービスを導入しています。

 

このWEB完結を利用するには、

  1. 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  2. 社会保険証か組合保険証を持っている

ことが条件となります。

 

口座は、カードが発行されないためお金を振り込むのに必要となり、社会保険証は在籍確認のために必要になります。また、申込時の入力項目も他社と比べると少なくなっており、時間がかからないようになっています。

 

残念ながら、無利息期間などのサービスはなく、最高金利も18%となっています。
しかし、最低金利は3%と消費者金融の中でもトップの低さです。高額融資を希望している方には有利な商品かもしれません。

 

審査通過率の高さなら『アコム』

アコムの強みは審査通過率の高さにあります。
ここ数年はアコムがトップをキープしており、通過率も平均48%であるため、ほぼ2人に1人が審査に通っている計算になります。

 

サービス面でも、30日間無利息サービスが提供されています。
アコムの場合は、返済期日を「35日ごと」に設定するだけで利用できますが、契約日の翌日から適応されるため、契約したその日に設定しなければ損をしてしまいます。

 

金利は、最高金利18%、最低金利4.7%となっており、全体的に高めに設定されています。そのため、利息を減らしたいという場合、少々不利になってしまいます。

 

しかし、審査に通らなければ融資してもらうことはできません。審査通過率が他より1%でも高いなら、それだけ審査に通過できる可能性は高くなり、即日融資の可能性も高くなります。

商品の比較と確認は必ず行うこと

申し込みをする前に、必ず商品の比較と確認は行いましょう。
自分にあったものを探すのはもちろんのこと、消費者金融間で同じ名前で内容が全く違う、適応のさせ方が違うサービスが多くあるからです。

 

特に『WEB完結』と『30日無利息期間』サービスは、きちんと違いを把握しておかないとトラブルのものとになりかねません。

 

WEB完結

プロミスとモビットが提供していますが、微妙に内容が違います。

プロミス

申し込み、借り入れ、返済をすべてインターネット上で行うサービス。
電話連絡なしとなっていないため、基本的に在籍確認は電話で行われ、誰にもバレずに借りたい方は注意が必要。カードを持つのが煩わしい、なくしそうで怖いなど、カードを持ちたくない方向け。

 

モビット

申し込みから審査をインターネット上のやり取りだけで完結させるサービス。
在籍確認は電話連絡以外の方法で行ってもらえるため、周りに知られるリスクが低下する。


このように同じサービス名でも、内容が違うので注意が必要です。
特に周りにバレるリスクを下げたい方はこれらの違いを把握しておいた方が良いでしょう。

 

30日間無利息サービス

プロミスとアコムが提供しており、サービス内容は同じですが、開始日と利用条件が異なります。

プロミス

利用条件は、メールアドレスとWEB明細利用に登録すること。
開始日は、初めての借り入れの翌日から。

 

アコム

利用条件は、返済期日を「35日ごと」に設定すること。
開始日は、契約日の翌日から。

 


ここで気を付けるべきなのは、無利息期間の開始日です。
プロミスはお金を引き出さない限りカウントは開始されませんが、アコムは契約日の翌日からカウントが始まってしまうので、できるだけすぐに利用を開始しなければなりません。